初診・再診のWEB予約はこちら

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

のどの違和感「咽喉頭異常感」

のどが・・・

・イガイガする
・ヒリヒリする
・何かがつまった感じがする
・薄皮が張った感じがする
・締め付けられた感じがする
・痰がひっかかる感じがする

喉のあたりにこのような違和感がみられることを、
「咽喉頭(いんこうとう)異常感症」といいます。

原因としては様々なものがあります

・咳喘息
・咽喉頭アレルギー
・後鼻漏(副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎)
・アトピー咳嗽
・逆流性食道炎(胃食道逆流症)
・加齢による嚥下障害
・甲状腺疾患
・糖尿病
・鉄欠乏性貧血
・膠原病(シェーグレン症候群)
・悪性腫瘍(上咽頭・食道癌、悪性リンパ腫)
・大動脈瘤
・喫煙による影響
・自立神経失調症
・うつ病
・心身症
・不安神経症
・ヒステリー球

まずは悪性腫瘍を含め上気道疾患の鑑別や除外を行うことですが大切です。
まず耳鼻科で喉頭ファイバーにより鼻咽喉頭の観察をしてもらいましょう。

当院に咽喉頭異常感を主訴に来院され、耳鼻科で喉頭ファイバーを受けられていない場合はファイバーをとても上手に施行いただける耳鼻科さんをご紹介させて頂きますので、どうぞ遠慮なくおっしゃってください。

基本的に上気道(鼻、喉)に明らかな異常が見られない場合、下気道(気管支~肺)、内科疾患、心因性疾患を鑑別に挙げ、精査していくことになります。

当院ではまず下記の検査を行います

・胸部X線
・呼気一酸化窒素(FeNO)検査
・気道抵抗性試験もしくは呼吸機能検査
・FSSG(逆流性食道炎のスクリーニング問診票)

これらでも異常が見られない場合、
・血液検査(糖尿病、甲状腺、貧血、膠原病など)

心因性を疑う場合は、基本的に診断的治療として
・漢方薬(半夏厚朴湯、柴朴湯など)
・抗不安薬
・抗うつ薬

などを用いて治療を行います。

どこへ相談してよいか分からないという方も、お力になれるかもしれません。
どうぞ遠慮なくご相談ください。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ