初診・再診のWEB予約はこちら

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

アレルギー性鼻炎の治療


アレルギー性鼻炎の治療でよく行われる「薬物療法」についてご説明します。鼻アレルギー診療ガイドラインでは、「軽症」「中等症」「重症」および、「くしゃみ・鼻漏型」と「鼻閉型」に分類されています。

「軽症」~「重症」の違いは併用する薬剤の数ですので、知っておくと良いのは「くしゃみ・鼻漏型」と「鼻閉型」による治療の違いだと思われます。

①「くしゃみ・鼻漏型」

内服薬や点鼻薬のいずれを用いても良いことになっていますが、まず使用されることが多い代表格が「抗ヒスタミン薬」です。

商品名でアレグラ、アレジオン、アレロック・・・と何となく「アレ」という名前が付いているので混同しがちですが、実は薬剤により効果と副作用が異なるので注意が必要です。

ポイントとしては、効果(鼻汁やくしゃみを抑える)と副作用(眠気、倦怠感など)は概ね反比例するということです。

例えば、昨年処方してもらった薬剤で眠気が出た場合は、眠気が出にくい薬へ一段階落としてもらうか、点鼻薬などを選択するとよいと思います。

また、仕事上などで高所での作業や精密機器操作を伴う作業を行う方、車の運転を行うことが多い方は「車運転注意喚起」が行われている薬剤の使用は避けた方がよいでしょう。

注意喚起の記載がない薬としては
「クラリチン」
「アレグラ」
「デザレックス」
「ビラノア」等があります。

ただし、体質によってはこれらの薬でも眠気を生じることはありますので充分にご注意ください。

*この表に記載されている「薬の強さ」は一部主観に基づくものが含まれておりますので、解釈にご注意ください。また、ポララミン(セレスタミン)は第1世代抗ヒスタミンであり、他剤(第二世代)とは異なる性質を持つ薬剤であることをご了承ください。

②「鼻閉型」

鼻閉型のアレルギー性鼻炎には、抗ヒスタミンは効きにくいため、「ロイコトリエン受容体拮抗薬」(モンテルカスト、プランルカストなど)や「点鼻薬」を使用するとよいでしょう。血管収縮薬と抗ヒスタミンの合剤である「ディレグラ」も鼻閉を伴う鼻炎には使われることが多い薬剤です。


③「舌下免疫療法」

現在、スギ花粉、ダニに対するアレルギー性鼻炎の体質改善を目的とし保険承認されている薬剤です。処方に際しては、「アレルゲン」の証明が必要となります。スギ花粉に対する投薬は花粉の飛散時期外(おおよそ7月頃~)となっている点、治療期間は最低2-3年行い効果が期待出来る点については注意が必要です。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ