葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

アレルギー検査(IgE)

#小児喘息(ぜんそく)#成人喘息(ぜんそく)
#アレルギー性鼻炎 #アトピー性皮膚炎 #蕁麻疹


<IgE抗体と1型アレルギー>

小児喘息や成人喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などで行う血液検査(IgE抗体)について紹介します。IgE抗体とは、1型アレルギー反応を引き起こす免疫グロブリンです。特に特定のアレルゲン(ほこりやダニなど)に感作され反応するものを「特異的IgE抗体」といいます。一般的に行われている血液検査では、この「IgE抗体」の総量および何に反応するかどうかの「特異的IgE抗体」を調べています。アレルゲンが体に入ると、肥満細胞にくっついている特異的IgE抗体にアレルゲンがくっつき、化学物質が放出(脱顆粒)が起こり、各種のアレルギー反応が起こります。

特異的IgE抗体と1型アレルギーの仕組み

<非特異的IgE定量(IgE-RIST)>

1型アレルギーの原因となるIgEの総量をみる検査です。
喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などで高値となります。

<基準値>
1歳未満 20 IU/ml 以下
1~3歳 30 IU/ml 以下
4~6歳 110 IU/ml 以下
7歳以上 170 IU/ml 以下

<特異的IgE>

①単項目測定法(CAP法)

推定されるアレルゲンを指定して検査を行う方法です。
保険適応により1度に調べられる数は13種類となります。

<喘息やアレルギー性鼻炎などで調べる「吸入抗原」>


②多項目測定法同時測定法(MAST-36、VIEW-39)

MAST-36とVIEW-39がよく行われます。
両者の違いは「ゴキブリ」「ガ」「マラセチア(カビ)」「サバ」「モモ」「トマト」「リンゴ」で、33項目については共通です。



カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ