葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

会話中に出る咳

<こんな症状はありませんか?>

・会議中に咳が出る

・電話中に咳が出る

・大事な商談中に咳が出る

・会話で咳が出そうになる


<会話中に出る咳の原因は?>

会話中に咳が出ると、とても困りますよね。仕事にならない、相手に迷惑をかけてしまう。そんな悩みを持った方がよく呼吸器内科の外来に訪れます。長引く咳の原因には実は様々な病気があります。では「会話中に出る咳」という症状はどんな疾患を疑えばよいのでしょうか?

<咳の原因は1つとは限らない>


この記事を読んでいただく上で知っておいていただきたいのは、咳の原因は1つとは限らないということです。例えば咳喘息+喉頭アレルギー、咳喘息+副鼻腔炎など複数の疾患が存在することも多々あります。症状から推測しどんな病気を疑うのか、呼吸器内科医の視点で検証してみます。


<Case1>

寒暖差や季節の変わり目で咳が出る。夕方以降に咳が悪化し、咳で夜起きることがある。痰はからむがあまり出ない。


寒暖差や季節の変わり目などで咳がでる体質を「気道過敏性」といいます。気道過敏性が亢進(こうしん)すると、会話中でも咳が出ることがあります。気道過敏性が亢進するのは咳喘息や喘息です。いずれも夜~寝ている間に咳が悪化するのが特徴ですが、悪化すると日中にも咳が出るため会話中でも咳が悪化することがあります。「喉のつまり感」を伴うのも咳喘息の特徴です。

<症状>

・寒暖差や季節の変わり目で咳が出る

・夜~寝ている間に咳が悪化する

・季節の変わり目や寒暖差で咳が出る

・喉がつまった感じがする

・呼吸が苦しい、ゼイゼイ、ヒューヒューする

<考えられる疾患>

咳喘息

喘息


<Case2>

胸やけ、もたれ症状、のどの違和感がある。食後に咳が悪化する。会話中に咳が悪化する。夕方から夜にかけて咳が悪化するが夜寝ている間に咳で起きることはない。

胃酸が逆流性して食道が炎症を起こす疾患を逆流性食道炎(GERD)、のどが炎症を起こす疾患を咽喉頭(いんこうとう)逆流症(LPRD)といいます。GERDやLPRDは、喉の違和感(咽喉頭異常感:イガイガ感、つまり感)を伴う咳が特徴で、「夕方~夜にかけて悪化する咳」、「会話中の咳」、「横になると悪化する咳」が特徴です。ただし、寝ている間に咳で起きることはあまりありません。

<症状>

・夕方~夜にかけて咳が悪化するが寝ている間は咳で起きない

・会話中や食後に咳が悪化する

<考えられる疾患>

逆流性食道炎(GERD)

咽喉頭逆流症(LPRD)


<Case3>

のどがイガイガし、夕方~夜にかけて咳が悪化するが、夜寝ている間に咳で起きることはない。ホコリやダニ、花粉に対するアレルギー体質があり、季節の変わり目で悪化する。


のどの違和感(イガイガ感)を伴い、季節の変わり目などで悪化する咳があれば季節性喉頭(こうとう)アレルギーを疑います。また、気管支拡張薬の吸入やテープが無効であればアトピー咳嗽(がいそう)も鑑別に挙がります。「夕方~夜にかけて悪化する咳」「会話中の咳」「横になると悪化する咳」「寝ている間は咳で起きることはない」という特徴は逆流性食道炎(GERD)や咽喉頭逆流症(LPRD)と類似しています。「アレルギー体質(アトピー素因)」があり、「季節の変わり目で悪化する咳」があれば、季節性喉頭アレルギーやアトピー咳嗽を疑う根拠になります。

<症状>

・夕方~夜にかけて咳が悪化するが寝ている間は咳で起きない

・会話中に咳が悪化する

・季節の変わり目で咳が悪化する

花粉やホコリ・ダニなどのアレルギーがある

・吸入薬や気管支拡張薬が効かない

<考えられる疾患>

季節性喉頭(こうとう)アレルギー

アトピー咳嗽(がいそう)


<Case4>

痰がのどにからみ発作的に咳が悪化する。日中(会話中も)、夜を問わず咳が出るが、寝ている間は気にならない。鼻がのどの奥に垂れ込む感じがあり、痰は黄色いことが多い。起床時に黄色い塊の痰が出ることがある。痰を1回出すと咳はしばらくでない。頬のあたりが重たい感じや、頭痛がある。匂いがしにくい、鼻が詰まっている。


上記のような症状がある時は、副鼻腔炎や後鼻漏(鼻が喉にたれこむこと)による咳(上気道咳症候群)を疑います。鼻が出てくる理由としては副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などがあります。副鼻腔炎には上顎洞(じょうがくどう)炎(頬のあたり)と篩骨洞(しこつどう)炎(鼻のまんなかのあたり)があり、発症時期により急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎があります。慢性化すると数か月単位で咳が悪化します。篩骨洞という場所に副鼻腔炎が起きると匂いがしにくくなることがあります。細菌感染によるものと、アレルギー性(好酸球性)によるものがあります。またアレルギー性鼻炎でも鼻がのどの奥に垂れ込み(後鼻漏)咳が悪化することもあります。

<症状>

・黄色痰がのどに絡み、発作的にひどい咳が出る

・昼夜問わず(会話中も)咳が出るが寝ている間は気にならない。

・痰が1回でるとしばらく咳が出ない

・鼻づまりやにおいがしにくい

・鼻が喉の奥に垂れ込む感じがある(後鼻漏)

・頭痛がある

<考えられる疾患>

・上気道咳症候群(後鼻漏)

・急性副鼻腔炎

・慢性副鼻腔炎

・好酸球性副鼻腔炎


いかがでしたでしょうか?「会話中に出る咳」と一言でいっても、様々な疾患が考えられます。きちんと治すには正しい診断が大切です。お困りの方は一度お近くの呼吸器内科に受診してみましょう。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ