初診・再診のWEB予約はこちら

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

COPD(慢性閉塞性肺疾患) どんな病気?

「 慢性閉塞性肺疾患(COPD)」とは

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは、主にタバコの煙を長期に吸入することにより起こる肺の疾患です。喫煙者の2割程度が罹患(りかん)し、徐々に進行する運動時の息切れ慢性の咳・痰を特徴とします。我が国の推定罹患患者は500万人を超えると言われておりますが、実際に治療を受けているのは数十万人と言われ、疾患の認知度が低く罹患を自覚しにくいため、喫煙し続けて重症化してしまうケースが多いとされています。

「COPDの病態と症状」

肺気腫:肺が破壊された状態


気道狭窄:息を吐く際に気管支が狭くなる


患者さんごとに「肺気腫」「気道狭窄」の2つの要因がそれぞれ異なる割合で存在し、複合的に作用し症状を引き起こします。肺気腫主体の場合は運動時の低酸素血症が、気道狭窄主体の場合は喘鳴(ぜいぜい)呼吸苦などが主症状となります。

「肺気腫」 

肺の最も末梢である「肺胞(はいほう)」の役割は酸素と二酸化炭素を交換する「ガス交換」です。肺気腫はこの肺胞が破壊されることでガス交換が阻害され低酸素血症を引き起こします。(1型呼吸不全)さらに重症化すると二酸化炭素が貯留する呼吸不全を起こします。(2型呼吸不全)

「気道狭窄」

気管支は周りの「肺胞」などの組織により引っ張られる形で支持されています。ところが肺胞が破壊されることにより、気管支は引っ張られる支持力を失います。この結果、息を吐く際に気管支がつぶれて狭窄を起こします。

続き:COPDの診断と治療


#COPD #肺気腫 #1型呼吸不全 #2型呼吸不全 #喫煙 #禁煙 #内科 #呼吸器内科 #呼吸器内科専門医 #葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ