初診・再診のWEB予約はこちら

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

花粉症による咳「季節性喉頭アレルギー」

< 花粉症と咳「季節性喉頭アレルギー」>

花粉症とは、主に「スギ」や「ヒノキ」などの花粉により起こるアレルギー疾患です。鼻汁やくしゃみ、鼻づまりが起こる「アレルギー性鼻炎」や目がかゆくなったり、涙が出る「アレルギー性結膜炎」が代表的ですが、実は花粉症が原因で起こる咳があります。これを季節性喉頭アレルギーといいます。花粉アレルギーでのどがイガイガしてでる咳と考えて頂ければわかりやすいかもしれません。

診断は日本咳嗽学会(下記参照)から提案されています。まずはアレルギー検査(特異的IgE検査)を行い、ご自身のアレルゲンを確認するとよいと思います。

治療は、「抗ヒスタミン薬」の内服が中心となり、症状がひどい方はステロイド吸入や内服などで行います。


季節性喉頭アレルギー 診断基準案(日本咳嗽学会)

下記①を伴う場合は、③~⑥の全てを満たす
①を伴わず②だけの場合は④は不必要

① 喘鳴を伴わない3週間以上持続する咳嗽

② 3週間以上持続する咽喉頭異常感(痰のからんだような感じ、掻痒感、イガイガ感、チクチクした感じの咽頭痛など)

③ アトピー素因を示唆する所見(注1)の1つ以上認める

④ 鎮咳薬、気管支拡張薬が咳に無効

⑤ 明らかな急性喉頭炎、異物、腫瘍の所見がなく、とくに喉頭披裂部に蒼白浮腫状腫脹を認めることがあるが、正常所見のこともある

⑥ ヒスタミンH1-拮抗薬または/およびステロイド薬にて症状が消失もしくは著明改善する

注1.アトピー素因を示唆する所見:

1)喘息以外のアレルギー疾患の既往あるいは合併

2)末梢血好酸球増加

3)血清総IgE値の上昇

4)特異的IgE陽性

5)アレルゲン皮内テスト陽性

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ