葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

花粉症対策

<花粉症対策のまとめ2022>

日本人の約半数が持つと言われている花粉症。毎年春になると鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみが出てつらい思いをされている方も多いかと思います。ここでは日常生活で出来る工夫を含め花粉症対策を確認したいと思います。

<花粉症の治療薬>

花粉症の治療薬を大きく分類すると「内服薬」と「外用薬」になります。治療薬には様々な種類がありますが、症状別に「くしゃみ・鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」「体質改善」と分けると薬を選びやすくなります。医療機関に受診され薬を処方してもらう際は具体的な症状を伝えてみましょう。

【花粉症のくしゃみ・鼻水】

このタイプには➀抗ヒスタミン薬(内服)②点鼻ステロイドの2種類が奏功します。抗ヒスタミン薬には眠気が出にくいタイプもあります。車の運転に従事する方は医師に申し出て、眠気が起こりにくい薬を処方してもらいましょう。点鼻ステロイドは鼻に直接噴霧する外用薬です。眠気が出ないこと、鼻づまりがある方にも良く奏功します。お風呂上がりなど鼻が通っているときに使用すると効果的です。またステロイド薬は炎症を抑える薬です。内服薬と異なり効果が出るまでに少し時間がかかりますので、症状がひどくなる前に早めに使用することがポイントです。

【花粉症の鼻づまり】

くしゃみ・鼻水と鼻づまりが起こるメカニズムは実は異なります。そのため治療薬も鼻づまりにあわせた選択が必要です。鼻づまりには➀抗ロイコトリエン薬(内服)②点鼻ステロイドの2種類が奏功します。ロイコトリエン薬は喘息の治療に使用され既に内服されている方も多いかもしれません。眠気はあまり出ないので内服しやすい薬です。②点鼻ステロイドは欧米では第一選択で使用され鼻水も一緒に止めるため、両方の症状でお困りの方にオススメできます。

【花粉症の目のかゆみ】

花粉症により目がかゆくなるのは「アレルギー性結膜炎」によるものです。目の症状に対しては抗アレルギー点眼薬がおすすめです。通常点眼薬は1日4回程度行う必要がありますが、コンタクトレンズを使用している方は、自宅にて装着前と後に2回点眼すればよい「アレジオンLX点眼」がおすすめです。ステロイド点眼については使用されている方も多いと思われますが、眼圧が上がることがありますので必要な場合は眼科に受診することをお勧め致します。

【花粉症の体質改善】

スギ花粉症のみの適応となりますが、「スギ舌下免疫療法」という治療があります。3年から5年間舌の下に入れて内服することで、体質改善が期待出来ます。毎年複数の薬を使用しないといけないような重症例にオススメしたい治療法です。治療をご希望される場合は花粉が飛散していない6月頃の開始となります。

<花粉症のうがい方法>

外出時に吸い込んだ花粉は鼻やのどの粘膜に付着しています。家に帰ったら早めにうがいを行うようにしましょう。鼻うがいを併用するのも効果的です。点鼻ステロイドを使用している方は点鼻前に鼻うがいを行うとよいでしょう。

<花粉症とマスク選び>

コロナウイルス感染予防でも重要なマスクは花粉症対策としても有効です。不織布(使い捨て)マスクが効果が高くおすすめです。「鼻を出さない」「面をさわらない」「再利用しない」を気をつけて花粉症を予防しましょう。

<花粉症:外に出かける時に気をつけたいこと>

外に出かけるときに意識したいのは目・鼻・のどに花粉を入れないこと、自宅に花粉を持ち込まないことです。「つば付き帽子」「めがね(だてめがね)」「綿・ナイロン素材の服装」を行うと、花粉の付着を防ぐことができます。帰宅前には必ず外で花粉をはらってから入りましょう。コートや帽子などは玄関付近に置き、自宅内に持ち込まないようにするとよいでしょう。帰宅後は着替えを行い、手洗い・うがい(可能であれば洗顔)を行いましょう。

 <まとめ>

花粉症対策は症状がひどくなる前に早めに対策を行うことが大切です。医療機関に受診しご自分にあった薬を選んでもらいましょう。

#花粉症
#花粉症対策
#スギ花粉症
#抗ヒスタミン薬
#ロイコトリエン受容体拮抗薬
#点鼻ステロイド
#抗アレルギー点眼薬
#スギ舌下免疫療法

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ