葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

長引く咳 診断と治療


「長引く咳とは」


咳 は、もともと肺や気管支の中に外から入ってきた異物を取り除こうとする防御反応です。例えばかぜにかかった時に咳や痰が出るのは、体の中に入ったウイルスや細菌を外に追い出すためです。しかし咳そのものがひどくなったり長引いてしまうと、会話中にも咳がでたり、夜も眠れなくなったり、筋肉や骨が痛んだりして痛みのために日常生活に支障を来すことすらあります。咳の原因は、感染症や感染以外の原因(アレルギーなど)を含め非常に多岐にわたることが診断を難しくしており、治療を受けているのにも関わらずなかなか治らないことも珍しくありません。そのため長引く咳の治療をするためには、原因を特定することがシンプルですが、最も大切なことです。


「原因を特定するには?」


原因を特定するには、「詳細な問診」「診察」「適切な検査」が大切です。

<当院で行っている検査の一例>

・胸部X線
・副鼻腔X線
・呼吸機能検査
・呼気一酸化窒素(NO)(ナイオックス)
・気道抵抗性試験(モストグラフ)
・血液検査(アレルゲン検査、炎症反応検査、結核)
・マイコプラズマ(PCR(遺伝子)法、イムノクロマト法)
・喀痰検査


<咳の分類>


持続時間と咳の性状から、原因をある程度推定することが可能です。 そして持続期間によって 下記の3つに分類されます。

<咳の期間による分類>

・急性咳嗽(がいそう)(~3週間)
・遷延性(せんえんせい)咳嗽(3週間~8週間)
・慢性咳嗽(8週間~)


<咳の性状による分類>

・乾性咳嗽(かわいた咳)
・湿性咳嗽(痰が出る咳)


「咳の原因」


咳の原因としては、主に「感染性」と「非感染性」に分類されます。また、咳の発症時期により急性、遷延性(せんえんせい)、慢性に分類されます。


<急性咳嗽(がいそう)>

咳が出始めてから3週間以内の咳を急性咳嗽(がいそう)といいいます。急性咳嗽の原因は感染性(細菌やウイルス)が多く、感冒、感冒後咳嗽、細菌性肺炎が鑑別に挙がります。


<遷延性咳嗽(せんえんせいがいそう)>

咳が出始めてから3週間~8週間までの咳を遷延性(せんえんせい)咳嗽(がいそう)といいます。遷延性咳嗽の原因としては感染性の割合が減りますが、百日咳やマイコプラズマ感染症の可能性、細菌性肺炎の可能性もあります。感染症以外の咳嗽の可能性も考慮する必要があり、例えば咳喘息やアトピー咳嗽、逆流性食道炎などによる咳も鑑別に挙がります。


<慢性咳嗽>

咳が出始めてから8週間以上経過した咳を慢性咳嗽といいます。慢性咳嗽の原因としては感染症の割合は少なく、非感染性を考慮する必要があります。咳喘息やアトピー咳嗽、逆流性食道炎に加え、慢性副鼻腔炎、肺結核、肺非結核性抗酸菌症、肺がんなども鑑別に挙がります。


<感染性の咳>


抗生剤が奏功するのは細菌に対してだけであり、ウイルスには効きません。抗生剤の適切使用のためには、細菌感染をいかに適切に診断し治療できるかどうかが重要です。

<感染性の咳を引き起こす代表的なウイルス>

・インフルエンザウイルス
・RSウイルス
・ライノウイルス
・コロナウイルス


<感染性の咳を引き起こす代表的な細菌>

・肺炎球菌
・インフルエンザ桿菌
・マイコプラズマ
・百日咳


<非感染性の咳>


診断は主に、詳細な問診・診察に加え「呼吸機能検査」「呼気NO(一酸化窒素)検査」「気道抵抗性試験(モストグラフ)」などの検査を行い診断します。
また、頻度は少ないけれども見逃してはいけない疾患というものがあります。これらの疾患を見逃さないためには「胸部レントゲン検査」が必要です。咳が2週間以上続いている場合は撮影した方がよいでしょう。

<非感染性のうち、比較的頻度が高いもの>

・気管支喘息
・咳喘息
・アトピー咳嗽(がいそう)
・季節性喉頭アレルギー
・副鼻腔炎(蓄膿症)
・上気道咳症候群(後鼻漏による咳嗽)
(後鼻漏:鼻汁が喉に垂れ込むこと)
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
・逆流性食道炎(胃食道逆流症)
・心因性咳嗽(ストレスによる咳嗽)

<頻度は少ないが見逃してはいけない疾患>

・気管支拡張症
・肺結核
・肺非結核性抗酸菌症
・肺真菌症
・肺がん
・間質性肺炎

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ