初診・再診のWEB予約はこちら

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

高血圧(診断基準)

生活習慣病の1つである「高血圧」
高血圧は、血圧が高くなってしまう状態をいいます。

高血圧は4300万人もの日本人が罹患していると言われており、脳卒中や心臓病、腎臓病などを予防する上でコントロールすることが重要な疾患です。

高血圧の人の約90%は「本態性高血圧」といい、生活習慣(食塩の過剰摂取など)が原因で起こります。遺伝的な体質も関連します。また、別の原因疾患によって起こる高血圧を「二次性高血圧」といい、腎臓病やホルモンの異常などによって起こります。

<血圧とは>

血液が血管を流れる際に内側にかかる圧力のことです。

上の血圧:心臓が収縮して血液 を送り出したときの「収縮期血圧」
下の血圧:心臓が拡張したときの「拡張期血圧」

<高血圧の定義>

①診察室血圧(外で測定した血圧)
収縮期/拡張期 血圧が140/90 ㎜Hg以上


②家庭血圧(自宅で測定した血圧)
収縮期/拡張期 血圧が135/85 ㎜Hg以上


<降圧目標(2019高血圧治療ガイドライン)>

①75歳未満
診察室血圧130/80 ㎜Hg以下
家庭血圧125/75 ㎜Hg以下


②75歳以上
診察室血圧 140/90 ㎜Hg以下
家庭血圧 135/85 ㎜Hg以下

<高リスク因子を持つ場合の高値血圧>

130~139/80~89 ㎜Hg を「高値血圧」といいます。
下記のリスク因子を持つ場合は薬物治療を開始します。

・脳心血管病既往
・非弁膜症性心房細動
・糖尿病
・蛋白尿のある慢性腎臓病(CKD)
・「65歳以上・男性・脂質異常症・喫煙」のうち3項目以上に該当
・血圧160/100
㎜Hg 以上かつ
「65歳以上・男性・脂質異常症・喫煙」のうちいずれかに該当
・血圧180/110
㎜Hg 以上

<高リスク因子を持たない高値血圧>

薬物療法は行わず、生活習慣改善などの非薬物療法によって
130/80 ㎜Hg 未満への降圧を目指します

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ