葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

新「ぜんそくパンフレット」

<ぜんそくパンフレットとは>   当院の喘息診療の考え方の1つに「医師と患者さんとの相互理解」があります。喘息という疾患は症状がある時もあればない時もあります。しかし、気道の炎症や気管支の伸び縮みが繰り返されると将来「気道の老化」が起こる事から、症状がなくても治療を継続するべきであるというのが喘息の基本的な考え方です。症状がなくなってしまえば、吸入薬をやめたくなってしまう気持ちになるのは...

ピークフローメーターって何ですか?

ピークフローメーターは気管支ぜんそく患者さんに対し、気管支のせまさを測定するための医療機器です。ピークフローの最大の特徴は患者さん自身が自分で行うことが出来ることです。そのため場所や時間を問わずに検査する事が出来、自宅での病状を把握することも出来ます。本日は喘息の診療に役立つピークフローメーターについてご紹介したいと思います。   <ピークフローって何ですか?>   ぜんそく...

花粉症対策

<花粉症対策のまとめ2022> 日本人の約半数が持つと言われている花粉症。毎年春になると鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみが出てつらい思いをされている方も多いかと思います。ここでは日常生活で出来る工夫を含め花粉症対策を確認したいと思います。 <花粉症の治療薬> 花粉症の治療薬を大きく分類すると「内服薬」と「外用薬」になります。治療薬には様々な種類がありますが、症状別に「くしゃみ・鼻水」「鼻づ...

吸入薬を続けるコツ

ぜんそくは気道のアレルギーにより炎症が起こり過敏になるため咳や痰(たん)が出たり、気管支がせまくなり喘鳴(ゼイゼイ)が起こる病気です。そのため気道のアレルギーによる炎症を抑えるため、症状がなくなっても吸入ステロイド薬を継続していく必要があります。今回は忘れずに吸入薬を続ける工夫についてご紹介します。 <吸入薬を続けるコツ>   ➀生活導線上に吸入薬を置く   吸入薬をうっかり忘...

正しい感染予防対策

コロナウイルス感染が拡大し、ワクチン接種を行っていても感染してしまう「ブレークスルー感染」を引き起こすウイルス変異も見られています。コロナウイルスは今後も変異を続け、我々人類とウイルスは感染対策のいたちごっこを続けていくと思われます。新しい治療薬やワクチンも期待されるところですが、今後はwithコロナを意識し個人で感染対策を気をつけていく必要があると思われます。ここでは日常生活で出来る正しい感染予...