葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

One airway One disease

「One airway one disease」気管支喘息とアレルギー性鼻炎の深い関係とは? 私達呼吸器内科医では、「One airway one disease」という言葉を使います。これはどういう意味なのでしょうか?息の通り道は「気道」といい、鼻・口・咽喉頭(のど)を「上気道」、気管・気管支・肺を「下気道」に分類します。もちろん上気道と下気道は解剖学的には異なる臓器ですが、病態としては...

続きを読む

吸入薬の経鼻呼出療法

<吸入薬の経鼻呼出療法とは> 通常、吸入薬を吸った後吐き出すのは口からですが、鼻から呼出する方法を「経鼻呼出療法」といいます。吸入薬には粉(ドライパウダー)とボンベ(pMDI)があります が、経鼻呼出療法に向くのはボンベタイプ(pMDI)吸入薬です。 経鼻呼出療法を行うことにより吸入ステロイドが鼻腔内を通過するので、アレルギー性鼻炎や好酸球性副鼻腔炎など、ステロイド点...

続きを読む

アレルギー性鼻炎,喘息の吸入アレルゲン検査

<アレルギー性鼻炎やアレルギー検査について> <以前の記事はこちら>・アレルギー検査(IgE)・アレルギー性鼻炎ってなに?・アレルギー性鼻炎の治療 特定の季節だけ鼻汁やくしゃみ・目のかゆみがでる方を季節性アレルギー性鼻炎、1年中通して症状がある方を通年性アレルギー性鼻炎といいます。アレルギー性鼻炎や気管支喘息と診断され、何となくお薬をもらってやり過ごしている方も多いと思い...

続きを読む

アレルギー検査(IgE抗体)

#小児喘息(ぜんそく)#成人喘息(ぜんそく)#アレルギー性鼻炎 #アトピー性皮膚炎 #蕁麻疹 #IgE抗体 #イムノキャップラピッド #VIEW-39 <アレルギー検査:IgE抗体とは?> 小児喘息や成人喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物アレルギーなどで行う血液検査(IgE抗体)について紹介します。IgE抗体とは、1型アレルギー反応を引き起こす免疫グロ...

続きを読む

アレルギー性鼻炎の治療

<関連記事>・アレルギー検査 <アレルギー性鼻炎の治療>アレルギー性鼻炎の治療でよく行われる「薬物療法」についてご説明します。鼻アレルギー診療ガイドラインでは、「軽症」「中等症」「重症」および、「くしゃみ・鼻漏型」と「鼻閉型」に分類されています。「軽症」~「重症」の違いは併用する薬剤の数ですので、知っておくと良いのは「くしゃみ・鼻漏型」と「鼻閉型」による治療の違いだと思われます。原因別には...

続きを読む

カビ対策

#小児喘息(ぜんそく)#成人喘息(ぜんそく)#アレルギー性鼻炎 #アトピー性皮膚炎気管支喘息(ぜんそく)やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの悪化の要因として忘れてはいけないのが「カビ(真菌)対策」です。喘息の悪化要因となる4つの「カビ」についてご紹介したいと思います。大きく分けて、屋内と屋外に腐生するものに分けられます。 いずれの真菌も喘息の発症や重症化に関わっているとされています。 ...

続きを読む

ダニ対策(喘息、小児喘息、アレルギー性鼻炎)

ダニ

<ダニ対策と喘息予防> アレルギーの原因となるアレルゲン(ほこり・ダニ・カビ)は喘息(ぜんそく)や小児喘息(ぜんそく)、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の原因となります。自宅でのダニ対策がこれらの疾患予防にもつながりますので、ぜひ環境整備を行いましょう。 <ダニについて> 日本は高温・多湿であり、ダニが増殖しやすい気候と言われています。特に「コナヒョウヒ...

続きを読む

アレルギー性鼻炎ってなに?

<アレルギー性鼻炎ってなに?> 私たちの体にはウイルスや細菌に対し外敵をやっつけようとする「免疫」というしくみが備わっています。ところがこの免疫が過剰に働いてしまい、体には悪さをしないはずのダニや花粉などの原因物質(アレルゲン)に対して体が攻撃してしまう結果、種々の症状が起こるのが「アレルギー」です。「アレルギー性鼻炎」はアレルギーが原因で起こる鼻炎で、「鼻汁」「鼻づまり」「く...

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ