初診・再診のWEB予約はこちら

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

COPD吸入薬

LAMA:長時間作用型抗コリン薬LABA:長時間作用型β2刺激薬ICS:吸入ステロイド COPD(慢性閉塞性肺疾患)に対し使用される吸入薬を一覧にまとめました。COPDに対してはLAMA、LABA/LAMA合剤など長時間作用性の気管支拡張薬が使用されますが、喘息を合併しているケース(Asthma-COPD overlap:ACO)では吸入ステロイドを併用することがあります。ICS/LABA...

続きを読む

吸入薬をうまく使うコツ「舌の位置」について

<吸入薬の上手な使い方「舌の位置」>吸入薬を使っていても効果が実感できないときや口内炎や声がれ(嗄声)などの副作用が起こるときは、吸入する時の舌の位置を意識してみましょう。 藤田保健衛生大学の医師 堀口高彦氏らは 吸入薬を舌根を下げて吸入するとより多くの薬剤が気管に到達することを報告しています。 CLINICAL COMMUNICATIONS| VOLUME 7, ISSUE 2, P...

続きを読む

吸入後のうがい(喘息、小児喘息、COPD)

<吸入後はしっかりうがいを>「ぜんそく」や「咳ぜんそく」で処方される吸入ステロイドは、使用後に必ずうがいをしましょう。ステロイドの成分が口の中やのどに付着すると、口内炎やのどの痛みの原因となったり、嗄声(声がれ)の原因となります。うがいは複数回(出来れば3~5回)行いましょう。また、うがいをしているのに声がかれたり喉の痛みを感じることがありますが、うがいで取り切れないステロイドが付着することが原...

続きを読む

発作治療薬(喘息、小児喘息、COPD)

<発作の治療>発作は何らかの誘因により、発作的に気管支が狭くなることにより、呼吸困難を来し、ゼイゼイ、ヒューヒューする状態です。発作で起こっている事をもう少し詳しく見ていきたいと思います。 < 発作で起こっていること>①気道平滑筋(きどうへいかつきん)の収縮炎症で気管支の周囲の筋肉が縮んでしまい気道が狭くなります②気道粘膜の浮腫(ふしゅ)気管支の粘膜が炎症ではれて...

続きを読む

COPD(慢性閉塞性肺疾患) 診断と治療

<COPDの診断>診断のためにはまず呼吸機能検査を行います。長期の喫煙歴があり呼吸機能検査で気管支が狭いこと(閉塞性障害)が確認され、その他の疾患(ぜんそくなど)が否定されるとCOPDと診断されます。重症例では胸部レントゲンやCTで「肺気腫」の所見が確認されることもあります。 <呼吸機能検査でみる主な指標> [1秒量] 最初の1秒間で吐ける息の量で気管支の狭さ...

続きを読む

COPD(慢性閉塞性肺疾患) どんな病気?

「 慢性閉塞性肺疾患(COPD)」とは慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは、主にタバコの煙を長期に吸入することにより起こる肺の疾患です。喫煙者の2割程度が罹患(りかん)し、徐々に進行する運動時の息切れや慢性の咳・痰を特徴とします。我が国の推定罹患患者は500万人を超えると言われておりますが、実際に治療を受けているのは数十万人と言われ、疾患の認知度が低く罹患を自覚しにくいため、喫煙し続けて重症化してし...

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ