初診・再診のWEB予約はこちら

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

コロナウイルス(COVID-19)感染について

  • 2020年2月28日

本日はCOVID-19感染で普段から気をつけるべき対応策を確認します。

帰国者・接触者外来経路を除き、現状では外来でコロナウイルス感染の有無を調べることは出来ません。人から人への感染を防ぐために、風邪症状など体調不良が見られた場合は、まずは仕事を休み自宅療養を行いましょう。通常の風邪ウイルス感染症であれば、安静・対症療法が大切だからです。37.5℃以上の発熱が4日以上持続し、上記基準に該当する場合はまず接触者相談窓口に相談し相談を行いましょう。(高齢者や基礎疾患、妊娠中の方は早めにご相談を行うことが推奨されております。)

<感染経路>
感染経路は「飛沫感染」「接触感染」が考えられております。
ウイルスは鼻腔内に多く存在していると言われています。
鼻腔を触らない、触った手で不用意に触らないように気をつけましょう。

<感染をもらわない、させないために気をつけるべきポイント>

➀外出先ではつり革、手すり、扉手にはさわらない
②触ったら、顔より上には触らない
③外出先より帰宅したら、手洗い・うがいを行う
④毎日検温を行う
⑤発熱などの体調不良があれば休む(家族にも感染させないよう配慮を。)
⑥不要不急の用事を除き、人混みを避ける

<医療機関にかかるタイミングとポイント>

厚生省から出ている基準は以下の通りです。
———————————————————————————————————–

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、
専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。
マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(転載)

最近の投稿