初診・再診のWEB予約はこちら

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

重症喘息治療の講演会に参加

  • 2019年11月29日

こんにちは、院長の横山です。

2019.11/29 (金)千葉県幕張で行われました講演会

AsthmaBiologics Care Conferenceに演者として参加して参りました。

この会では、重症喘息治療に対する治療選択肢である「生物学的製剤」を中心とした講演が行われました。

内容ですが

Session1は「症例報告」

Session2は「特別講演」で、出雲雄大先生(日赤医療センター呼吸器内科部長)による講演「好酸球性重症喘息の治療戦略と抗体製剤導入のコツ」でした。

実は、今回の症例報告のSessionのうち「ステロイドの副作用と高額療養費医療制度の活用」について私自身が演者として発表させて頂きました。質疑では主に経口ステロイドによる骨粗鬆症について非常に活発なDiscussionが行われました。

重症(治療抵抗性)喘息では従来の吸入を主体とした治療のみではどうしても病状のコントロールが付かず経口ステロイド投与が行われることがあります。ステロイドによる有害事象を避けるためには1つの選択肢として「生物学的製剤」があります。

重症喘息の治療を考える上では、合併症を含め適切な治療を行った上でもなお病状コントロールがつかない「真の治療抵抗性喘息」に対し生物学的製剤の適応があるかどうかを慎重に吟味していくことが大切です。

今回の講演では呼吸器内科の専門家として「患者さんへの適切な情報提供がいかに重要であるか」を改めて再認識させられたとても有意義な講演でした。

最近の投稿