初診・再診のWEB予約はこちら

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

COPD吸入薬

LAMA:長時間作用型抗コリン薬
LABA:長時間作用型β2刺激薬
ICS:吸入ステロイド

COPD(慢性閉塞性肺疾患)に対し使用される吸入薬を一覧にまとめました。

COPDに対してはLAMA、LABA/LAMA合剤など長時間作用性の気管支拡張薬が使用されますが、喘息を合併しているケース(Asthma-COPD overlap:ACO)では吸入ステロイドを併用することがあります。ICS/LABA/LAMA3剤合剤は昨年上市された新しい吸入薬ですが増悪を繰り返したり、喘息を合併しているようなCOPDに対して選択されます。

<当院の薬剤選択と推奨>

・吸気流速が遅い(40L/min未満):「レスピマット」「pMDI」
・手で回す力が弱い:「DPI製剤」
・吸気の同調(タイミング)が合わせづらい:「DPI製剤」

基本的に吸う力(吸気流速)が弱い方については、レスピマットやpMDIをはじめとするガスのタイプの吸入薬を選択します。そのため、まずは吸気流速がきちんとあるかどうかの確認をしていただき、その後に患者さんの趣向に合わせて薬剤を選んでいきます。

患者さんの趣向とは?
・カプセルで目にみえる形がよい → ブリーズヘラー
・第三者が確認できる形がよい → ブリーズヘラー
・とにかくワンタッチで簡単なものがよい → エリプタ
・吸った感じが少ない(粉っぽくない) → pMDI レスピマット
・吸ったかどうかが分かるものがよい → ジャヌエア






カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ