葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ 専用ダイヤル
03-3877-1159
再診予約 専用ダイヤル
050-5357-2913

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

ブログ

Blog

咳喘息(咳ぜんそく)

<咳喘息(ぜんそく)とは> 咳喘息は、喘息(ぜんそく)と異なり喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒュー)を伴わず、咳が長引くことを唯一の症状とする疾患です。咳喘息はアレルギー炎症などにより気道過敏性が亢進し、気道が少しでも伸び縮みすると咳が出やすくなってしまっていること(咳嗽反応の亢進)が原因と考えられています。そのため、気管支拡張薬により咳が改善することを確認することが診断の手がかりとなります。 ...

小児喘息(ぜんそく)の治療

<小児喘息(ぜんそく)の治療> 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2017では長期管理を行う上での治療目標として、①症状②呼吸機能③QOLの3つを挙げています。治療を行う上では病状の適切な評価が必要です。当院では診察毎に喘息コントロール問診票(JPAC)、問診などによる自覚症状やQOLの評価に加え、診察所見(聴診)、検査(呼気一酸化窒素、気道抵抗性試験)、ピークフローメータによる管理を行...

小児喘息(ぜんそく)の診断

<小児喘息(ぜんそく)の診察前に確認すること> 小児喘息(ぜんそく)を疑う症状として、繰り返す発作性の喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒュー)や長引く咳、呼吸困難があります。これらの多くは感冒(かぜ)をひいた後や季節の変わり目、天気、運動などを契機に起こります。また、家族歴の確認も重要です。小児喘息(ぜんそく)の多くはアトピー型であり、両親にアレルギー疾患の既往を持つことがあるからです...

アレルギー検査(IgE抗体)

#小児喘息(ぜんそく)#成人喘息(ぜんそく)#アレルギー性鼻炎 #アトピー性皮膚炎 #蕁麻疹 #IgE抗体 #イムノキャップラピッド #VIEW-39 <アレルギー検査:IgE抗体とは?> 小児喘息や成人喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物アレルギーなどで行う血液検査(IgE抗体)について紹介します。IgE抗体とは、1型アレルギー反応を引き起こす免疫グロ...

乳幼児喘息(ぜんそく)とは

<乳幼児喘息(ぜんそく)とは> 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン(JPGL)2017では、5歳以下を「乳幼児喘息」と定義し、学童期以降の小児喘息と区別しています。乳幼児では年長児と比較して、気道内径がせまく、気管支平滑筋が少なく、肺がやわらかいなどの特性から、容易に気道狭窄を起こしやすいという特徴があるからです。そのため感冒を契機に一時的に喘鳴を来すことも多く、診断上重要視されているの...

小児喘息(ぜんそく)とは

<小児喘息(ぜんそく)とは?> 小児喘息は、発作性に起こる気道狭窄(きょうさく)によって、喘鳴(ぜーぜー、ヒューヒュー)や咳、呼吸困難を繰り返す病気です。これらの症状は自然に、あるいは治療により軽快、消失しますが、ごくまれには致死的となることもあります。基本的な病態は「慢性の気道炎症」と「気道過敏性の亢進」ですが、近年成人喘息で言われている、気管支壁が硬くなり重症化につながる「気道リモデリ...

サルコペニア 新しい診断基準

<新しい診断基準とかかりつけ医としての役割とは>アジアサルコペニアワーキンググループ(AWGS)による新しい診断基準「サルコペニア診断基準2019」が公表されています。医療者向けガイドラインということもありやや難解な内容となりますが、本稿では新しいガイドラインについて、特にクリニックなどで行うべきパートについて概説します。前記事:サルコペニアについてはこちら 出典:Web医事...

睡眠時無呼吸症候群:治療(CPAP)

睡眠時無呼吸の診断についてはこちらをご覧ください①疑ったらまず行うこと②簡易検査③精密検査1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせた回数である無呼吸低呼吸指数(AHI) が簡易型検査で40以上、精密検査で20以上の場合、CPAP治療の適応となります。<CPAPとは?>「Continuous Positive Airway Pressure」の頭文字をとって、「CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続...

スペーサー(吸入補助器具)

<スペーサー(吸入補助具とは?> スペーサーとは、その名の通りスペースを作ることで、ボンベタイプの吸入薬(pMDI)を行うための補助器具です。スペーサーを利用することで得られるメリットをご紹介します。 <メリット①:タイミングがずれても大丈夫> ボンベタイプの吸入を行なう上で難しいのは、「押すタイミング(噴霧)」と「吸入のタイミング」を合わせることです。...

睡眠時無呼吸症候群 :CPAP治療と合併症予防

重度の睡眠時無呼吸症候群(OSA)は夜間の呼吸停止により様々な疾患を合併することが知られています。中でも「心血管系疾患」については予後に関わる病態です。CPAP治療により各種合併症への予防効果も報告されています。CPAP治療上のポイントは「4時間以上」装着することです。 <OSAに対するCPAPの治療効果>「日中の眠気」の改善1日平均3.3時間のCPAP使用でも日中の眠気とQO...
1 2 3 4 5 6 7