ご予約はこちら

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

お問い合わせ
03-3877-1159

葛西よこやま内科・呼吸器内科クリニック

呼吸器内科

Respiratory medicine

呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸器内科では主に、気管、気管支、肺に関する症状・疾患を対象に診療を行います。対象とする疾患や、症状は下記となります。以下にあてはまる方はご相談下さい。

症状

  • 咳が止まらない、長引く
  • 痰が絡む、切れない
  • 息切れしやすい
  • 風邪をひきやすい、治りづらい
  • 咳で目覚める
  • 眠れない
  • ぜーぜー、ヒューヒューなどの呼吸音がする
  • ぜんそくといわれたことがある、身内にぜんそくの人がいる
  • アレルギー体質である
  • 喫煙者である、過去にタバコを吸っていたことがある
  • 禁煙をしたい

慢性咳嗽(がいそう)、長引く咳

咳、咳嗽(がいそう) は、もともと肺や気管支の中に外から入ってきた異物を取り除こうとする防御反応です。しかし咳が長引くと夜も眠れなくなり、場合によっては肋骨にヒビが入り痛みのため日常生活に支障を来すこともあります。咳の原因は感染・非感染含め非常に多岐にわたるため、治療を受けているのにも関わらずなかなか治らないことも珍しくありません。長引く咳の診療では原因を特定した上で治療を行うという基本が最も大切になります。適切な診断のためには詳細な「問診」「診察」「検査」(胸部レントゲン・呼吸機能検査・呼気一酸化窒素など)が必要となります。

咳はその持続期間によって急性がいそう(3週間以内)、遷延性(せんえんせい)がいそう(3週間以上)、慢性がいそう(8週間以上)の3つに分類されます。そして咳の性状として乾性がいそう(かわいた咳)、湿性がいそう(痰が出る咳)に分類されます。咳の持続時間と性状から原因をある程度推定することが可能です。咳の原因としては大きく感染性と非感染性に分類されます。

感染性としてはウイルス(インフルエンザウイルス、RSウイルス、ライノウイルスなど)、細菌(肺炎球菌、インフルエンザ桿菌、マイコプラズマ、百日咳など)があります。抗生剤が奏功するのは細菌に対してだけでありウイルスには奏功しませんので、細菌感染を適切に診断し治療する必要があります。 非感染性としてはぜんそく、咳ぜんそく、アトピーがいそう、後鼻漏によるがいそう(上気道咳症候群)、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、逆流性食道炎(胃食道逆流症)、心因性がいそうなどがあります。診断は主に呼吸機能検査や呼気一酸化窒素検査で行い、必要に応じてアレルゲン検査(血液)などを追加します。治療は吸入薬や抗アレルギー薬などで行います。その他、頻度は少ないですが気管支拡張症、肺結核、肺非結核性抗酸菌症、肺がん、間質性肺炎などがあります。これらの疾患を見逃さないためには胸部レントゲン検査が必要です。当院では長引く咳に対し原因に基づいた治療を行うため、初診時には胸部レントゲンや呼気一酸化窒素、呼吸機能検査などの検査をおすすめしております。

気管支ぜんそく

気管支ぜんそくは呼吸の通り道である気道(気管、気管支)にアレルギー性の炎症が持続的に起こり、さまざまな刺激に対して過敏となり発作性に気道が狭くなることを繰り返す疾患です。症状としては、咳や喘鳴(ぜいぜい、ヒューヒュー)、呼吸困難などがあり、特に夜から早朝にかけて悪化しやすいのが特徴です。原因としてはダニやハウスダスト(ほこり)などのアレルギーによることが多いとされています。診断は主に呼吸機能検査(気道が狭いかどうか)や呼気一酸化窒素分析(気道にアレルギー性炎症があるかどうか)を用いて行います。血液検査(アレルゲン検査)も原因を特定するのに有用です。治療は吸入ステロイド薬を主体に行いますが、病状により気管支拡張薬や抗アレルギー薬を併用することもあります。アレルギーの原因が分かっている場合、暴露を避けるなどの環境調整も重要です。ぜんそく発作を起こしている場合は発作薬の吸入を行い、改善がない場合はステロイド薬の点滴や内服を要することもあります。

「ぜんそく氷山」と「気道リモデリング」

ぜんそくの原因はアレルギー細胞による炎症(好酸球性炎症)です。炎症の結果、気道が過敏な状態(気道過敏性亢進)となります。さらに気道が過敏な状態で外的な刺激が加わることにより気管支が狭窄し(気道狭窄)はじめて呼吸困難や咳、喘鳴などの症状が出現します。つまりぜんそく患者さんでは症状がない場合でも炎症や気道過敏性が隠れていることがあるのです。これを表したイメージが「ぜんそく氷山」です。自覚症状はぜんそくの病態においては「氷山の一角」に過ぎません。仮に症状がなくてもぜんそくが治った訳ではなく、その背景にある炎症や過敏性をコントロールすることが重要だからです。

症状がある時だけ薬を使うなど日々の吸入薬が不十分であると、好酸球性炎症がコントロール出来ず気道過敏性が亢進し気道狭窄を繰り返します。そしてこの状態が長引くと気道の壁が厚くなり硬くなることが知られています。これを「気道リモデリング」といいます。

気道リモデリングは気道過敏性の悪化を起こしぜんそくの重症化を来たします。また一度起こすと元には戻らないこと(不可逆的)が知られています。そのため炎症をしっかりコントロールし、気道リモデリングを起こさないようにするための管理がとても重要と言えます。

当院ではぜんそくの治療目標を、「日々の症状があるかないか」だけでなく、炎症をしっかりコントロールすることで「将来のリスクを減らすように管理すること」と考えています。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは主にタバコの煙を長期に吸入することにより起こる肺の疾患です。喫煙者の2割程度が罹患し徐々に進行する運動時の息切れや慢性の咳・痰を特徴とします。我が国の推定罹患患者は500万人を超えると言われておりますが実際に治療を受けているのは数十万人と言われ、疾患の認知度が低く罹患を自覚しにくいため喫煙し続けて重症化してしまうケースが多いとされています。

COPDの病態と症状

「肺気腫」と「気道狭窄」の2つに分類されます。

・肺気腫(肺が破壊された状態)
・気道狭窄(息を吐く際に気管支が狭くなる)

患者さんごとに「肺気腫」と「気道狭窄」の2つの要因がそれぞれ異なる割合で存在し、複合的に作用し症状を引き起こします。肺気腫主体の場合は運動時の低酸素血症が、気道狭窄主体の場合は喘鳴(ぜいぜい)や呼吸苦などが主症状となります。

肺気腫

肺の最も末梢である「肺胞(はいほう)」の役割は酸素と二酸化炭素を交換する「ガス交換」です。肺気腫はこの肺胞が破壊されることでガス交換が阻害され低酸素血症を引き起こします。(1型呼吸不全)さらに重症化すると二酸化炭素が貯留する呼吸不全を起こします。(2型呼吸不全)

気道狭窄

気管支は周りの「肺胞」などの組織により引っ張られる形で支持されています。ところが、肺胞が破壊されることにより、気管支は引っ張られる支持力を失います。この結果、息を吐く際に気管支がつぶれて狭窄を起こします。

COPDの診断

診断のために呼吸機能検査を行います。長期の喫煙歴があり、呼吸機能検査で気管支が狭いこと(閉塞性障害)が確認され、その他の疾患(ぜんそくなど)が否定されるとCOPDと診断されます。重症例では胸部レントゲンやCTで「肺気腫」の所見が確認されることもあります。

呼吸機能検査でみる主な指標

[1秒量] : 最初の1秒間で吐ける息の量で、気管支の狭さをあらわします

[努力性肺活量] : 肺の大きさをあらわします

[1秒率] : 「1秒量」 / 「努力性肺活量」で計算される指標

ご自身の肺の大きさに対し気管支がどれくらい狭いかを表しています。

気管支拡張薬吸入後の1秒率が70%未満で「閉塞性障害」と診断されます。

COPDの治療

「禁煙」

治療で最も大切なのは「禁煙」です。まずは下の表をご覧下さい。

この表は喫煙による肺機能の経年的な変化を表したものです。縦に「肺機能」、横に「年齢」を表しています。一番上が「非喫煙者」の経過であり、赤い線が「喫煙」をされた方の経過です。(喫煙による肺機能低下には個人差がありますのであくまで1例とお考え下さい。)喫煙を開始すると肺機能の低下が急峻となります。そしてある程度の期間喫煙すると肺機能が低下し、50%のあたりになると労作時の息切れが出現してきます。この時点で禁煙をするとどうなるのでしょうか。実は禁煙開始後より、肺機能の低下が健常の方と同様に緩やかになります。また気管支拡張薬の吸入を併用することで、更なる肺機能の改善も期待できます。しかし喫煙を続けたまま吸入薬を続けていると、根本的には肺機能の低下が避けられないことがお分かりいただけると思います。このように禁煙はいつ開始しても遅すぎるということはありません。(当院では禁煙外来も設置しておりますので、禁煙をしてみたいという方はどうぞお気軽にご相談下さい。)

COPDの治療目標

  • ①症状(QOL=生活の質)の改善
  • ②運動耐容能(運動出来る能力)の改善
  • ③身体活動性の向上と維持
  • ④将来のリスク(増悪、全身併存症)の軽減

症状や運動耐容能、身体活動性を改善・向上させるために重要な治療薬が「気管支拡張薬」です。主に吸入薬で「短時間作用型」と「長時間作用型」があります。「短時間作用型」は即効性があり、20-30分程度効果が期待出来るため呼吸困難時に頓用で使用します。長時間作用型は「LABA(長時間作用型β2刺激薬)」「LAMA(長時間作用型ムスカリン受容体拮抗薬)」「LABA/LAMA配合剤」の3種類があります。症状や肺機能に合わせて薬を選択します。近年では同じ薬効内でも様々なデバイスが選択出来るようになってきました。当院では画一的に薬を選択するのではなく、患者さん個人の状態(肺機能・年齢・趣向理解度など)に合わせ適切な吸入薬を提案し正しく使用出来るよう指導を行っております。

将来のリスクの軽減

COPDは長期的にみると併存症の治療・予防がとても重要となります。その中でも特に強調したいのは身体活動性低下や低栄養に起因する「サルコペニア」(加齢による筋肉の萎縮)と「骨粗鬆症」です。薬物治療により呼吸困難感や運動耐容能を改善させ、運動療法(リハビリテーション)や栄養療法により筋肉や骨の機能を維持することは将来の寝たきりや要介護状態への予防にもつながるためとても重要です。また骨密度検査を行い骨粗鬆症と診断された場合には適切な治療を受けることも重要です。その他、感染予防のため予防接種(インフルエンザ、肺炎球菌)なども有効とされています。

禁煙外来

タバコをやめたい、でもやめられないとお悩みではありませんか?当院の禁煙外来は、そんなあなたの禁煙のお手伝いができます。禁煙外来では、医師によるアドバイスに加えて、禁煙補助薬の処方を受けることができます。タバコがおいしくて禁煙できないとお悩みではありませんか?それはニコチン依存症かもしれません。ニコチンが切れるとつらくなる、そんな症状を楽にしてくれる薬です。ひとりでの禁煙はつらいですね。ぜひ当院にご相談下さい。喜んでお手伝い致します。

禁煙治療の流れ

初診の流れをご説明します。

1ニコチン依存症のチェック

ニコチン依存症のチェックをして、保険適用の可否を確認します。

2一酸化炭素濃度の測定

あなたの息の中の一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)がどの程度が確認します。

3「禁煙開始日」を決め、禁煙宣言!

あなたの「禁煙開始日」をご相談しながら決めます。「禁煙宣言書」を作ります。

4禁煙経験の確認とアドバイス

あなたの健康状態やこれまでの喫煙歴、禁煙歴をお聞きします。ニコチン切れ症状への対処法を一緒に考えましょう。

5禁煙補助薬を選ぶ

禁煙補助薬の特徴と使い方をお伝えします。あなたに合ったお薬を選びましょう。

2回目以降の診察は…おおむね2週間ごとにご来院いただきます。呼気一酸化炭素濃度の測定や禁煙のアドバイスを受けられます。不安や気になる症状などございましたらお気軽にご相談下さい。回を追うごとに禁煙に慣れ、また禁煙の効果も現れてきます。今後も禁煙を継続するために何が大切かを一緒に考えましょう。

保険適用となる条件

  • 1.前回の禁煙治療(保険適用)から一年以上経っていること
  • 2.ニコチン依存症診断テストで5点以上
  • 3.「一日の平均喫煙本数」×これまでの喫煙年数=200以上(35歳以上の方)
  • 4.1ヵ月以内に禁煙を始めたい
  • 5.禁煙治療を受けることに文書で同意いただく

以上5点が当てはまる方は健康保険が適用されます。ご不明点ございましたら、お気軽に当院までご相談下さい。